絵本まくら

生活に居心地よさを

新たな夢、みつける!

 

 

 

 

 

カンボジアといえばアンコールワット。わたしは10年くらい前に行きました。

 

f:id:ehon-life:20200602082018j:plain

 

建物はもちろん、すばらしかったです。

 

 

それ以上に覚えているのは、帰りにツアーバスにのるとき、こどもたちが、服を売ってきたんです。

 

 

なんともいえないピンクの染めのトップスでした。一目ぼれで気に入ったので買いました。

 

 

そしたら、他の子どもたちがバスの中まで押しかけてきました

 

 

ガイドさんからは、いらなかったら無視していいといわれました。かわいそうだから買うとか思わなくといい。

 

 

貧しくて生きていくために必死な子どもたちを目の当たりにして、その光景が今でも忘れられません。

 

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200606080332j:plain

先日、ZOOMで、カンボジアとつながりました。子どもたちが料理を教えてくれました。

 

 

知人が経営しているくっくま孤児院のこどもたち。明るく元気!

 

 

glojun.com

 

 

こちらでもコロナの影響で、学校も2か月ほどお休みだったらしいです。

 

 

この日は久々の登校日、子どもたちの制服姿もみれました。

 

 

 

f:id:ehon-life:20200606081109j:plain

左が、たまごとひき肉の料理

右が、竹のこと、豚肉の煮込み

 

クメール語ではなんていうか、難しくて忘れてしまいました。

 

 

ナンプラーの味が最高。白ご飯にあいます!!

 

 

 

 

 


今日はカンボジアのことが分かる絵本です。

 

 

『世界のともだち12 カンボジア スレイダー家族と生きる』

 

f:id:ehon-life:20200606075418j:plain

(画像:カンボジア | 世界のともだち

 

 

『 世界のともだち12 カンボジア スレイダー家族と生きる』出版情報


【著者】古賀絵里子/文・写真
【初版】2014年3月
【出版社】偕成社
【ページ数】40ページ
【定価】1800円(税抜き)

 

『 世界のともだち12 カンボジア スレイダー家族と生きる』内容、感想

 

 

主人公のスレイダーちゃんは13歳。お父さん、お母さん、姉、妹の5人家族。

 

 

将来の夢はヘアメイクアップアーティスト。

 

 

プノンペンから車で30分の所にあるタナム・チェロム村に住んでいます。

 

f:id:ehon-life:20200606075154j:plain

(画像:カンボジア | 世界のともだち

 

 

 

ごはんの風景や、学校の風景もすべて写真で紹介されています。

 

 

写真を見ているだけで伝わることが多いので、6歳の息子も一人でみていました。

 

 

ZOOMで料理を一緒に作ったので、カンボジアに興味がわいたようです。

 

 

f:id:ehon-life:20200606075611j:plain

(画像:カンボジア | 世界のともだち

 

 

終わりには国のあらまし、人口、気候、政治の事も書いてあります。

 

 

世界のおともだちシリーズ、写真家が書き下ろしたもので、写真が膨大で、素晴らしいんです!

 

 

行く事は簡単ではけれど、家にいながら、私たちの好奇心を満たしてくれるなんて、読まなきゃもったない。

 

f:id:ehon-life:20200606083821j:plain


目標は全シリーズ読破です

 

 

そしていつか、読んだ国、全てに行く事が、わたしの夢です。

 

 

 

 

 

お読みくださりありがとうございました。