絵本まくら

生活に居心地よさを

どうぞのいす

 

 

いすといえば、わたしはEテレ「みいつけた!」のコッシーがうかびます。

 

 

 

青いのが、いすのコッシー。緑が、さぼてんのサボさん

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200410213749j:plain



 

(画像:NHKエンタープライズ キャラクターページ|みいつけた!

 

 

 

イスが主役はれるなんて!!って、はじめ衝撃でした。

 

 

 

そして、いすの仲間たち。豪華絢爛(ごうかけんらん)!!

 

 

 

f:id:ehon-life:20200404224340p:plain

(画像:NHKエンタープライズ キャラクターページ|みいつけた!

 



 

 

テレビもだけど、最近は、ほんわかな気持ちになれる絵本を、読みたいです。

 

 

 

 

タイトルだけで、優しい気持ちになります

 

 

 

『どうぞのいす』

 

 

 

どうぞのいす

(画像:どうぞのいす - 作/香山美子 絵/柿本幸造 - ひさかたチャイルド

 

 

『どうぞのいす 』出版情報


【著者】香山美子/作 柿本幸造/絵
【初版】1981年11月
【出版社】ひさかたチャイルド
【ページ数】32ページ
【定価】1000円(税抜き)

 


『どうぞのいす 』内容紹介

 

うさぎさんがつくった小さないす。そこには「どうぞのいす」と書かれています。

 

 

いろんな動物さんがやってきて、次のひとのために、いろんな食べ物を置いていきます。

 


『どうぞのいす 』感想

 

 

幼稚園のなどでも人気なのではないでしょうか。

 

 

 

うさぎ、ろば、くま、きつね、りすたち。

 

 

 

うさぎさんの作ったいすは、しっぽつきなんですね。

 

 

 

おきまりのセリフがありますね。

 

 

 

「どうぞならば えんりょうなく いただきましょう」

 

 

 

全部たいらげた後、

 

 

 

「でも からっぽにしてしまっては あとの ひとにおきのどく。」

 

 

 

登場する動物みんなに、いやなやつがいない。

 

 

 

小さい椅子、フクちゃん

(写真:Kinoisu / 小さい椅子

 

テンポよくよめますし、なぜか、読んでいても飽きないんです。ふしぎ。

 

 

 

 落ち葉や、どんぐりがかかれているから、秋の絵本の読み聞かせにもぴったりですね。

 

 

 

どうぞっていう言葉、すごく気持ちいですよね。

 

 

 

電車で席を譲るとき、エレベーターで先に降りてもらうとき、

 

 

 

ハンカチをかすとき、おやつを半分こするとき。

 

 

 

何かを譲ったりあげたりすると、つかうことが多いのかな。

 

 

 

短いけど、あとあとまで、心に残る言葉ですね。

 

 

 

 

よし! わたし今から「どうぞ」を、たくさんいうぞ!!

 

 

 


『どうぞのいす 』おすすめ年齢

 

3.4歳から

 


『 どうぞのいす』読むのにかかる時間

 

2分半くらい

 

 

 

 

 

香山美子(こうやまよしこ)さんと。柿本幸造さんの作品はまだ他にもあります。

 

 

 

ごろりんごろんころろろろ (ひさかた絵本傑作集)

ごろりんごろんころろろろ (ひさかた絵本傑作集)

 

 

 

ヒッコリーの きのみ

ヒッコリーの きのみ