絵本まくら

生活に居心地よさを

母の日に本気でほしいもの

 

 

 

5月10日、母の日

 

 

 

なにか特別なものを送りますか?

 

 


私は、自分の親には洋服を送りました。

 

 


わたしはチビで痩せているので、洋服のサイズは7号。

 

 


私の母は15号、3Lなんです。

 

 


こないだ母のブラジャーを代理購入したとき、Fありますか?ときいたら、、、

 

 


胸を二度見されました。(笑)

 

 


義理の母には毎年、定番ですが、お花を、メッセージつきで手渡ししています

 

 

 

f:id:ehon-life:20200509234414j:plain

 

 

一応、わたし自身も一児の母なのですが、息子が聞いてくるんです。

 

 


なにかほしいものはない?って。

 

 


こういうときって、ふつう、何にもいらないわよ、気持ちで十分、とか、肩たたきしてもらおうかな、とかですよね。

 

 


でも、わたし、ガチで答えてしまいました。

 

 


iPhoneおくれ。

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200509235025j:plain

 

 

今使ってるiPhone6+が、最近、カメラがピンボケするんです。

 

 


正規店は高いし、時間かかるし、今そもそもアップル、クローズしてるし。

 

 

 

スマートクールさんで修理にだしました。

 

 

www.synergy-global.co.jp

 


ここでは、過去、液晶のひび割れも修理してもらい、最近もバッテリー交換してもらったばかり。

 

 


信頼抜群の店なんですが、結論から言うと、、、

 

 

 

直りませんでしたカメラ新品にしても無理だったー。

 

 


色々調べても、iPhone本体って高いのね。

 

 

 

息子はお年玉やら、こどもの日やらで、今年だけで、結構、貯め込んでいる。

 

 


これだけあったら買える?と、かわいい顔で、自分のお財布から、数万円をちらつかせてきたが、

 

 

 

足りないよ

 

 

 

おぞましい母ですまん。(笑)

 

 

 

というわけで、母の日なので、おかあさんを、主題にした絵本をご紹介。

 

 

 

 

『ぼくおかあさんのこと』

 

 

f:id:ehon-life:20200509224626j:plain

(画像:児童書・教育書 −本の検索−:文溪堂

 

 

 

 

 

『ぼくおかあさんのこと』出版情報

【著者】酒井駒子/作・絵
【初版】2000年5月
【出版社】文溪堂
【ページ数】32ページ
【定価】1500円(税抜き)

 

 

『ぼくおかあさんのこと 』内容紹介

お母さんなんか嫌い!だって,お休みの日はいつまでも寝てるし,「はやく,いそいで!」って言ってばかりだし。それに……。

(引用:児童書・教育書 −本の検索−:文溪堂

 

『ぼくおかあさんのこと 』感想

 

わたし、とにかく酒井駒子さんの絵が好きなんです。

 

 

 

ノスタルジックで、なんとなく寂し気なタッチがなんともいえません。

 

 

 

この主人公のおかあさんが完璧じゃないところもいい。

 

 

 

朝弱いおかあさん。

 

自分のみたいドラマをばかりみるおかあさん。

 

園のお迎えもおそいおかあさん。

 

洗濯忘れて、同じ靴下はかせるおかあさん

 

 

 

ダッメダメです

 

 

 

それがいいんです。

 

 

 

それでも、こどもはおかあさんが好きで、おかあさんもこどもが大事なんです。

 

 

 

それなりに。

 

 

おかあさんと結婚したい!なんて、言われたことのないわたしは、この絵本でそのセリフを期待してみたり。

 

 

 

キライ

 

 

f:id:ehon-life:20200509235950j:plain

 


 

はい、わたしも最近よく言われますとも。

 

 

 

 

この絵本には普段の自分と息子のやりとりが重なります。

 

 

 

 

 これ読んでたら、おぞましい自分が救われた気になるんです。

 

 

 

 

 母の日、自分で自分に買うと、精神衛生上よろしいかと思います。

 

 

 

『ぼくおかあさんのこと』おすすめ年齢

3歳から

 


『ぼくおかあさんのこと 』読むのにかかる時間


3分くらい