絵本まくら

生活に居心地よさを

お味噌汁が恋しくなる絵本

 

 

 

 

 

 

こちら、2月に仕込んだお味噌づくりの様子。

 

 

 

圧力鍋、すげえ!と、はじめて使って感じた瞬間。

 

 

 

2日前、大豆をひと晩ほど水つけておく。1日前、大豆を炊く。

 

 

 

圧力鍋は、豆類を炊くときは分量少なくするの知らず(ちゃんと鍋の中にここまで線かいてあるのに)

 

 

 

蓋もちゃんとしまっておらず、途中で吹きこぼれ、えらいことに。

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200413073058j:plain

 

1キロ炊くので、普通の鍋も稼働させるが、なかな炊けない。

 

 

 

圧力鍋なら10倍速で炊けること体感。

 

 

 

やっと炊いた大豆!!友達の家で一緒にやるため、移動中、さらなる悲劇が!!!!

 

 

 

キャーーーー!!!

 

 

f:id:ehon-life:20200413073123j:plain

 

 

wwww

 

 

 

こぼす。しかも道路に。

 

 

 

 

もう、この後が大変、これを片付けるのに一苦労。

 

 

 

 

ご近所さんがほうきを持ってきてくれ、なんとか片付く。

 

 

 

 

どうしようもない私に、友達が予備で炊いた大豆をいただき(神)お味噌づくりできることに。

 

 

 

 

ドジすぎる。

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200413073221j:plain

 

左のミンチ肉みたいなのが大豆

 

 

 

青いタライの中は塩と麹。

 

 

 


ともだちは豚肉を扱う仕事しているから、大豆はこの機械でつぶしました。

 

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200413073246j:plain

 

 ふつうなら、大豆はでつぶしますよ。袋にいれてたら、でつぶしてもOK。

 

 

 

少々大豆の粒が残っていても、手前みそなので、それもまたおいしい、当たり。

 

 

 

ドジな私でもつくれる、無添加、時短で手ごろなレシピをおしえてくれる、みゆき先生!!ご実家が養豚場だそうです。

 

 

home.tsuku2.jp

 ソーセージなどの通販もやってるそうです。

 

 

 

 

で、お味噌汁に関する絵本です。

 

 

 

『はなちゃんのみそ汁』

 

 

f:id:ehon-life:20200418092927j:plain

( 画像:『絵本 はなちゃんのみそ汁』(安武 信吾・千恵・はな,魚戸 おさむ)|講談社BOOK倶楽部

 

 

 

 

 

『はなちゃんのみそ汁 』出版情報

 


【著者】安武 信吾・千恵・はな/原作 魚戸おさむ/作・絵
【初版】2015年9月18日
【出版社】講談社
【ページ数】48ページ
【定価】1400円(税抜き)

 

 

 
『 はなちゃんのみそ汁 』内容紹介

 


はなちゃんは、日本一、早起きな小学生なんじゃないかな?

起きたら真っ先に向かうのは台所。パパといっしょに朝ごはんをつくるんだ。

昆布と自分でけずったかつおぶしでおだしをとって、豆腐を切って、おみそをといて……。

食卓について「いただきます」のその前に、ママの写真に向かって手を合わせて、こう言うんだ。

「ママ、パパとはなは、もう だいじょうぶだよ!」

がんで、残り少ない命を覚悟した母親が、5歳の幼き娘に伝えたのは、ひとりでも生きていけるための力! ベストセラーとなった原作『はなちゃんのみそ汁』(文藝春秋)。24時間テレビでもドラマ化された感動の実話が、親から子へと読み継がれる絵本になりました。はなちゃんのみそ汁レシピつきです! 

( 引用:『絵本 はなちゃんのみそ汁』(安武 信吾・千恵・はな,魚戸 おさむ)|講談社BOOK倶楽部

 

 

 

『はなちゃんのみそ汁 』感想

 

 

 

実話です。まず、原作があり、24時間TVでドラマ化され、絵本という流れです。

 

 

 

原作は20万部超えるベストセラーで、道徳の教科書にも採用されています。(2015年度)

 

 

 

映画化もされています。広末涼子さんがでます!子役は、演技経験ゼロの新人、赤松えみなさんです。

 

 

 

 

 

 

 

33歳という若さで、乳がんでなくなったおかあさん。死と向き合う残された家族

 

 

 

1人で生き抜く力を描いています。

 

 

 

いま、毎日こどもが家にいて、ちょっとうんざりしている自分が情けなくなりました

 

 

 

現状、生きているだけで、よしと、満足できる絵本です。

 

 

 


『はなちゃんのみそ汁 』おすすめ年齢

小学校

 

 


『 はなちゃんのみそ汁』読むのにかかる時間

10分くらい