絵本まくら

生活に居心地よさを

やりたいこと100の1つが叶いました

 

 

 

昨日は思い立って、兵庫県佐用町のひまわり畑へ。

 

今年、コロナで世の中こんなことになるなんて思わずに書いた「やりたいこと100リスト」の中の一つ。

 

 

○○へ行きたい!は、ほとんど叶いそうもない中、

 

 

「一面がひまわりの景色をみたい」

 

 

 

www.town.sayo.lg.jp

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200801213253j:plain

 

 

叶いました~

 

 

f:id:ehon-life:20200801213326j:plain

 

夫の肩車で、一面に咲き誇るひまわりの写真をとる息子。

 

 

 

 

 

 

密を避け、隣のたんぼのあぜ道を歩くわたし。

 

f:id:ehon-life:20200801213342j:plain

 

 

 

 

 

 

このときの会話。

 

「どんな香りがすると思う?」

 

「・・・・・・・・」

 

「わからない」

 

f:id:ehon-life:20200801213358j:plain

 

そりゃそうだ!マスクつけとった!!(笑)

 

 

 

 

夏といえば!ひまわりといえば!この絵本。

 

 

 

 

 

『ひまわりさん』

 

 

 

f:id:ehon-life:20200801214305j:plain

(画像:ひまわりさん - 佼成出版社

 


『ひまわりさん』出版情報


【著者】くすのきしげのり/原作 いもとようこ/文・絵
【初版】2011年8月10日
【出版社】佼成出版社
【ページ数】24ページ
【定価】1300円(税抜き)

 


『ひまわりさん 』内容紹介

こねこのミャーとミューが植えたひまわりの種は、ぐんぐん大きくなって、おひさまみたいな花を咲かせました。
ひまわりを見ると、みんなきらきらしたおひさまみたいな笑顔になります。
ミャーとミューは、みんなの笑顔が嬉しくて、毎日お水をあげました。でも、夏が終わりに近づくにつれ、ひまわりはだんだんしおれていき……。
いのちに感謝することの大切さを伝えます。

(引用:ひまわりさん - 佼成出版社

 


『ひまわりさん』感想

 

 

わたしが一番にこの一面の景色を見て思ったこと。

 

太陽の恵み

 

すごいエネルギーを受けて生長したんだな~。

 

ひまわりをみると、元気が出ます!

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200801213240j:plain

 

 

お辞儀をしているようにみえるひまわりたち

 

その中でも、よくみると、みんなと反対の方をむいて自由に咲いているひまわりも

 

 なんだか集団社会にいるわたしたちみたい。

 

 

 

この絵本では、ひまわりは1つしかでないけど、だからこそ、ひまわりに余計に思いをはせてしまう。

 

 

枯れて、種になるところまでしっかり描かれています。

 

わたし達は満開をみて、「きれい」「来年も会いに来るね」なんて言ってるけど。

 

本当なら、枯れ行く姿にも敬意を示して、それも含めて「ひまわり」を感じる方が、感じるものが多いのだろうなあ。

 

 

 

 


『ひまわりさん 』おすすめ年齢

 

3歳から

 

 

 



 

お読みくださりありがとうございます!

 

暑いですが、楽しい一日をお過ごしください。