絵本まくら

生活に居心地よさを

大雨警報出ましたがアジサイは見頃です

 

 

今、大雨警報出ました。

 

小学校は、給食を食べて帰ってくるようです。

 

入学してはじめての警報にドキドキ(笑)

 

息子がお世話になっている芦屋市の食はおいしくて有名です。

 

まだまだ簡易給食のようですが。。。

 

 

www.ehon-makura.com

 

 

配膳もコロナ対策で先生がされています。

 

 

帰ってくるまでに、頑張って書きます。(笑)

 

 

 

 

 

 

先日アジサイをみにいってきました。

 

www.kobe-park.or.jp

 

 

 

f:id:ehon-life:20200630113031j:plain

 

ハートの形見つけました。

 

 

 

f:id:ehon-life:20200630113057j:plain

 

青が好きですが、ピンクも素敵。

 

 

 

花より団子!

f:id:ehon-life:20200630112956j:plain

 

 カフェがあるんですが、激混みです。

 

なので、買って外で食べました。

 

アジサイのスポットは広範囲で分散していますが、それでも、見ごろとなると多い!

 

わたし達はアジサイをみたら、園内の「香りの道」というところを歩いて

 

森林浴を楽しみました。

 

 

 

絵本でもアジサイが満開に描かれている作品がこちらです。

 

 

 

『あめのもりのおくりもの』

 

f:id:ehon-life:20200630114722j:plain

(画像:あめのもりのおくりもの|福音館書店

 

 

 


『あめのもりのおくりもの 』出版情報


【著者】ふくざわゆみこ/作
【初版】2006年4月30日
【出版社】福音館書店
【ページ数】40ページ
【定価】1200円(税抜き)

 


『あめのもりのおくりもの』内容紹介

おおきなクマさんとちいさなヤマネくんシリーズの4作目、梅雨明け間近の夏が舞台です。雷が鳴り響く大雨の日、雷が怖いクマさんが布団をかぶってふるえていると、ヤマネくんが、なないろ谷にあじさいを見に行こうと誘いにきます。クマさんが断ると、ヤマネくんは独りで出かけていきました。しばらくすると、川からあふれた水がクマさんの家の中に。ヤマネくんが向かったなないろ谷は川の上流にあります。「ヤマネくんがあぶない! 」クマさんは怖いのも忘れて走り出しました……ヤマネくんの運命はいかに!

(引用:あめのもりのおくりもの|福音館書店

 

『あめのもりのおくりもの 』感想

 

幼稚園のバザーで手に入れた絵本です。

 

28ページあたりから、ラストまで40ページまで、見開き一面を使って、青いアジサイが、たっぷり描かれています。

 

圧巻のアジサイ風景です。

 

 

f:id:ehon-life:20200630114711j:plain

 

文章を読まなくて、絵をみるだけでも十分楽しめます。

クマさんとヤマネくんのからだの大きさの対比も微笑ましいです。

 

息子が帰っていたら読もうっと。

 

雨の日におこもり絵本読み最高です。

 

 

『あめのもりのおくりもの 』おすすめ年齢

4歳くらい


『あめのもりのおくりもの』読むのにかかる時間

5分くらい

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました!