絵本まくら

生活に居心地よさを

いいからいいから5

先日、日本のど真ん中に行ってきました。

 

 

さて、どこでしょう。

 

 

経済においては、日本の首都である東京が中心ではありますが、、、、

 

 

 

地理的に日本の中心なのは、兵庫県西脇市です!!

 

 

 西脇市は、東経135度北緯35度が交差する「日本のへそ」なのです。

 

 

www.nishiwaki-hidokei.jp

 

わたしたち一家は、日帰りバーベキューをしました。

 

 

日帰りで、3時間で3000円(炭、網付き、炊事場も使用可)のバーベキュー施設。

 

 

こちらは、いつも空いてるようです。

 

 

キャンプのほうは、いつも人気で、予約がなかなかとれないそうです。

 

 

こちらがその施設内の公園。無料ではいれます。

 

 

 

日時計が目印。

f:id:ehon-life:20200327071411j:plain

 

 午前11時30分。が、11と12の間にきていますね。

 

f:id:ehon-life:20200327071508j:plain

 

 

ちなみにこちらは、西脇市日本のへそ日時計の丘公園です。

 

日本へそ公園ではありません。

 

 

厳密にいうと、こちらの公園が、ほんとの日本の中心にある日本へそ公園です。

 

 

www.city.nishiwaki.lg.jp

この建物が目印です。

 

f:id:ehon-life:20200327071554j:plain

 にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」

 

 

なんか太陽の塔みたい。。。

 

 

それにしても、日本のへそとは、よく考えられた観光ポイントですよね。

 

 

で、おへそといえば、、、なんですよ。やっと本題(笑)

 

 

こんな愉快な絵本あります。

 

 

 

『 いいからいいから5』

 

 

 

f:id:ehon-life:20200327074755p:plain

(引用:長谷川義史・作「いいからいいから5」 | 絵本館

 

 

 

 『いいから いいから 』出版情報

 

【著者】長谷川義史/作
【初版】2018年6月
【出版社】絵本館
【ページ数】24ページ
【定価】1300円(税抜き)

 


『いいから いいから 』感想

 

 2006年にはじめて発売され、シリーズ5弾!8年ぶりの作品です。

 

 

おじいちゃんの額にあるのはおへそです。

 

 

「いいからいいから」が口ぐせのおじいちゃん。今回は宇宙人まで登場します

 

 

へんてこな関西弁が、ほんとにいい味だしてます。

 

 

さすが、長谷川義史さん。

 

f:id:ehon-life:20200328134305p:plain

(画像:長谷川義史・作「いいからいいから5」 | 絵本館

 

 

 

内容は突拍子もないんですが、ほのぼの平和を感じるんですよね

 

読んだ後、ついつい「いいからいいから」と、他人を責めたりするのが、ばからしくなります。

 

 

 世の中、このくらいゆるく、適当でもいいんじゃないかなって思います。

 

 

 


『 いいから いいから 』読むのにかかる時間

6分くらい

 

 

 

全シリーズです。

いいからいいから

いいからいいから

  • 作者:長谷川 義史
  • 発売日: 2006/10/01
  • メディア: ハードカバー
 

 

 

いいからいいから〈2〉

いいからいいから〈2〉

 

 

 

いいからいいから〈3〉

いいからいいから〈3〉

 

 

 

いいからいいから〈4〉

いいからいいから〈4〉