絵本まくら

生活に居心地よさを

としょかんライオン

先日、入学式でした。行きませんでした

 

 

 

 

わたしの住んでいるのは兵庫県。

 

 

 

 

緊急事態宣言をうけて、ゴールデンウイークまで、小学校はお休みです。

 

 

 

 

なのに、なぜ、1日だけ何100人と集めて、式するの?

 

 

 

 

この疑問がどうしても解決できなかったわたしたち夫婦は、

 

 

 

 

息子も納得し、家族で欠席しました。

 

 

 

 

もちろん園庭で、風通しは良く、間隔を開け、マスク、除菌は徹底してる状況・・・・

 

 

 

 

というのはわかります。

 

 

 

 

休んでも欠席扱いにならないし、集合写真も延期、30分程度の縮小。

 

 

 

 

何のために、いくの? 桜のきれいな人のいない公園で、写真だけ撮りました。

 

 

 

 

1クラス1人くらいしか欠席がいなかったみたいで、

 

 

 

 

 

わたしは逆にそれにビビりました。

 

 

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200410090821j:plain

 

 

 

 

わたしがコロナで一番(でもないか)困っているのは、

 

 

 

 

図書館通いができないこと。

 

 

 

 

無料で、あたりまえに利用させてもたってたら、今、ものすごく、ありがたみがわかります。

 

 

 

 

以前なら、本が汚いとか、なかなか予約本がいらないとか、不満もありましたが、

 

 

 

 

贅沢過ぎましたね。

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200410091830p:plain

 (画像:Google マップ)

 

 

 

わたしが一番好きな、芦屋市打出分室図書館

 

 

 

 

お休み 火・日

開館時間 10時~17時

 

 

 

 

建物自体がレトロで登録重要文化財に指定されています。

 

 

 

 

蔦(つた)のある壁面が目印。

 

 

 

 

建物の中は古く、そんなに本の種類は多くないですが、鯉のいる庭が、窓越しにとても美しいです。

 

 

 

 

わたしは、よく予約しに行くので、絶対に、顏おぼえられえます

 

 

 

 

本日ご紹介するのは図書館を舞台とした絵本

 

 

 

 

わたしの大好きな絵本でもあります。

 

 

 

 

『 としょかんライオン』

 

f:id:ehon-life:20200410084700j:plain

(画像:としょかんライオン - 株式会社岩崎書店 このサイトは、子どもの本の岩崎書店のサイトです。)

 

 


『 としょかんライオン』出版情報

 


【著者】ミシェル・ヌードセン/作 ケビンホークス/絵 福本友美子/訳
【初版】2007年4月20日
【出版社】岩波書店
【ページ数】41ページ
【定価】1600円(税抜き)

 


『 としょかんライオン』内容紹介

 

いつも静かな図書館にライオンが現れ、みんな大あわて。でも心やさしいライオンは、すぐにみんなと仲良しに。ところがある日…。深い感動を呼び世界で話題の絵本。

 

(引用:としょかんライオン - 株式会社岩崎書店 このサイトは、子どもの本の岩崎書店のサイトです。)

 


『としょかんライオン 』感想

 

 

 6歳の息子にしたらしたら、少々長かったようですが、集中していました。

 

 

 

 

時間がないときに読んだから、わたしもちょっと落ち着かなかったので、

 

 

 

 

次はゆっくり読みたいと思います。

 

 

 

 

きまりを守ることは大切、でも臨機応変でいいんだよ、という、

 

 

 

 

決まりだけでない、大人の忖度というか、

 

 

 

 

本当はこうだけど、大目にみてね、な感じです。

 

 

 

 

わたしが容量悪くて、くそまじめ。息子もよく似てしまい、

 

 

 

 

融通のきかないところあるから2人して、ぐっと見入ってしまった絵本です。

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200410093207p:plain

 (画像:ファイル:Lion waiting in Namibia.jpg - Wikipedia )

 

 

 

まあ、ふつうに考えて、図書館にライオンって怖いです。

 

 

 

 

いや、それをいったら、絵本成り立たないですね。(笑)

 

 

 

 

この絵本では、館長さんのメリウェザーさんの表情がいいですね

 

 

 

 

最後、部屋から飛び出して走っていく顔は、とくに注目してほしいです。

 

 

 

 

読み終わり、気持ちがすっきりする絵本です。

 

 

 

 

読み応えのある文章の長さ、途中飽きてきても、またふっとお話にもどってくることできるので、

 

 

 

 

小学校低学年の読み聞かせにもいいかなと思いました。

 

 

『 としょかんライオン』おすすめ年齢

 

公式サイトでは幼児となっています。

読んだかんじだと、6歳くらいから。

 

 


『 としょかんライオン』読むのにかかる時間

 

 18分くらい

 

 

 

 

 

 

 

 

ライオンが主人公の絵本

 

 

 

 

こちら、男の子と、かわいいぬいぐるみサイズのらいおんのお話です。

ラチとらいおん (世界傑作絵本シリーズ)

ラチとらいおん (世界傑作絵本シリーズ)

 

 

 

 

 

アンパンマンの作者の絵本です。アンパンマン以外だと知らない人が多いと思います。

 

やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)

やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)

 

 

 

 

 

ライオンの色の描写がとても見ごたえありです。

空とぶライオン (講談社の創作絵本)

空とぶライオン (講談社の創作絵本)

  • 作者:佐野 洋子
  • 発売日: 1993/10/27
  • メディア: 単行本