絵本まくら

生活に居心地よさを

おやすみなさいおつきさま

昨日スーパームーン綺麗でしたね。

 

 

 

みなさんは、寝る前、なにをしますか?

 

 

 

習慣になっていることはありますか?

 

 

 

スマホさわったり、読書したり、音楽きいたり。

 

 

 

いろんな過ごし方がありますね。

 

 

f:id:ehon-life:20200405072117p:plain

 





わたしは、息子と一緒に寝落ちしてしまうのです。。。

 

 



たまには、お部屋の中を、ゆっくり見渡して、

 

 

 

いろんものにむかって「おやすみなさい」と、声にだしてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

『おやすみなさいおつきさま』

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200405003759p:plain

 (画像:絵本の専門店こそだてナビゲーション

 


『おやすみなさいおつきさま 』出版情報

 


【著者】マーガレット・ワイズ・ブラウン/作 クレメント・ハート/絵 瀬田貞二/訳
【初版】1979年
【出版社】評論社
【ページ数】32ページ
【定価】1200円(税抜き)


『 おやすみなさいおつきさま』内容紹介

うさぎの坊やが、みのまわりの一つ一つに「おやすみなさい○○さん」と、話しかけていきます。

 

 

でんわ、あかいふうせん、え、くま、いす、おつきさま・・・・

 

 

 

次第にねむたくなり、、、、。

 

 

 

寝る前にぴったりの1冊です。

 


『おやすみなさいおつきさま 』感想

 

この絵本は、アメリカの絵本です。作者は女性です。

 

 

 

英語だと「Goodnight bears Goodnight chairs」「Goodnight little house And goodnight mouse

 

 

 

そうなんです!!韻を踏んでいますね

 

 

 

彼女の生み出す文章は、とても心地よいものです。

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200405063738p:plain

 (画像:絵本の専門店こそだてナビゲーション

 

 

 

 

わたしは、息子の英語教室でこの絵本を知りました。

 

 

 

原作の英語版からスタートしたわけです。

 

 

 

なので日本語訳では、韻を踏んでないので、それが、やはり、言葉の壁だなと。

 

 

 

 

それぬきにしてもいい絵本なんですがね。

 

 

 

 

カラー、モノクロ(白黒)、カラー、白黒、

 

 

 

 

と、絵の方も、交互に構成されています。

 

 

 

 

 

こちらの見開きいっぱいの絵が、時間の経過とともに、薄暗くなっていきます

 

 

 

 

細かく見ると、お部屋の時計が、

 

 

 

 

夜の7時から、最後には、夜の8地過ぎに変化しています。

 

 

f:id:ehon-life:20200405063624p:plain

(画像:絵本の専門店こそだてナビゲーション

 

 

こちらの絵本なんと、オバマ元大統領のファーストブック。

 

 

 

皇太子妃、雅子さまも、自身が幼いころに読まれていたそうです。

 

 


『おやすみなさいおつきさま 』読むのにかかる時間

 

2分くらい

 

 

 

 

 

 

 こちらも、ねるまえにおすすめの絵本です。

 

 

 

 

わたしが大好きな一冊。

 

おやすみ、ぼく

おやすみ、ぼく

 

 

 

 

 

 

 これ、息子に1歳のころ、10回以上連続で読んで!とせがまれました。

 

 

 

 

 

 

 心理学的効果実証済み!だそう。

おやすみ、ロジャー  魔法のぐっすり絵本

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本