絵本まくら

生活に居心地よさを

おじいちゃん

 

 いま、わたしのほうの実家に来ています。

 

 

 

1年に数回しか会えませんが、息子は、おじいちゃんが大好きです

 

 

 

もちろん、おばあちゃんも好きなんですが、

 

 

 

相手にしてくれるから、おじいちゃん子です。

 

 

 

そのかわり、おじいちゃんが、遊びに手加減しないので、しょっちゅうケンカします。

 

 

 

 

そんな中、こちらの絵本を思い切って、読んでみたのですが、、、、

 

 

 

6歳の息子は、「さいご、どういうこと?」意味が分からなかったようです。

 

 

 

 いや、一瞬、とても悲しそうな顔をしたので、

 

 

 

もしかしたら、認めたくない、だから、わからないふりをしたのかな?

 

 

 

 

『おじいちゃん 』

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200403014103p:plain

(画像:おじいちゃん - ほるぷ出版 こどもの本のほるぷ出版

 

 
『おじいちゃん 』出版情報


【著者】ジョン・バーニンガム/作 谷川俊太郎/訳
【初版】1990年1月1日
【出版社】ほるぷ出版
【ページ数】32ページページ
【定価】1350円(税抜き)


『 おじいちゃん』内容紹介

 

 

元気なころのおじいちゃんと孫娘のなにげないやりとり。老いとは何かを考えさせながら絵本づくりの名手バーニンガムが、かけがえのない生についてすがすがしく描き出します。

(引用:おじいちゃん - ほるぷ出版 こどもの本のほるぷ出版


『 おじいちゃん』感想

 

こちら、おじいちゃんの死について、間接的にかかれています。

 

 

 

なので、とおくにいってしまいました。とか、お星さまになりました。とかも

 

 

 

かかれていません。

 

 

 

ただ、いつも座っていた、おじいちゃんのいすに、おじいちゃんはいない

 

 

 

絵だけでも、もの悲しい感じは伝わります。

 

 

 

 

ジョン・バーニンガムさんは、イギリス出身の絵本作家、イラストレーターです。

 

 

 

2019年。84歳で、お亡くなりになられました

 

 

 

こちら、ご本人です。

 

 

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋) | ジョン ...

 (写真:アマゾン)

 

 

 

個人的には、絵本の中の、おじいちゃんが、ジョンバーニンガムさんと重なります。

 

 

 

 絵本のおじいちゃんと、孫娘の距離感が、四季折々の中で、どのページも

 

 

 

やさしく、とても丁寧にかかれています。

 

 

 

ラストシーンは悲しいんですが、女の子は、一生、おじいちゃんの事を、

 

 

 

忘れないでしょう。

 

 

f:id:ehon-life:20200403222828p:plain

 おじいちゃん、これからも、息子やわたしたちのために、長生きしてね。

 

 

 

うん、息子は、このラストシーンの意味を、おそらく分かっている。

 

 

 

今日はおじいちゃんにいつもよりもっと、ベッタリしていたから。(笑)

 

 

 

 


『おじいちゃん 』おすすめ年齢

 

4・5歳から

 


『 おじいちゃん』読むのにかかる時間

2分半くらい

 

 

 

 

その他、おじいちゃんがテーマの絵本

 

 

こちらもおじいちゃんの死について。ユーモアたっぷりだが、いろいろ考えるところの多いストーリー。

 

このあと どうしちゃおう

このあと どうしちゃおう

 

 

 

 年を重ねていく、おじいちゃんと孫が、食パンとともに描かれています。

 

おじいちゃんとパン

おじいちゃんとパン

  • 作者:たな
  • 発売日: 2017/06/09
  • メディア: 単行本
 

 

 

さこももみさんのお子様、本当にかいた、作文がヒントになっています。

 

おじいちゃんちの たうえ (講談社の創作絵本)

おじいちゃんちの たうえ (講談社の創作絵本)