絵本まくら

生活に居心地よさを

さくらもちのさくらこさん

 

地元の岡山の片田舎にに、ひっそり帰省してます。

 

 

 

桜が満開です。

 

 

f:id:ehon-life:20200401160126j:plain





 

 

こちらは、このあたりにしか咲かない、アテツマンサク。珍しいです。

 

 

 

f:id:ehon-life:20200401155852j:plain



 

 今年は、大々的にお花見はできませんが、そのかわり、しっかり桜を愛でました。

 

 

 

いつもは、花より団子なんですがね。

 

 

 

今日はしっかり、花を楽しみましたので、団子の方の絵本をご紹介します。

 

 

 

 

『さくらもちのさくらこさん』

 

 

 

 

 

f:id:ehon-life:20200401155405p:plain

 (画像:ブロンズ新社 - さくらもちのさくらこさん

 
『さくらもちのさくらこさん 』出版情報

 


【著者】岡田よしたか/作
【初版】2019年1月
【出版社】ブロンズ新社
【ページ数】32ページ
【定価】980円(税抜き)

 


『さくらもちのさくらこさん 』内容紹介

 

さくらもちのさくらこさんは、なぜかごきげんななめ。おやつたちが声をかけても、しらんぷり。さくらこさんのごきげんを直すには、いったいどうしたらよいのでしょう? たべもの絵本シリーズ、初のヒロイン登場!

(引用:ブロンズ新社 - さくらもちのさくらこさん)

 


『さくらもちのさくらこさん 』感想

 

 

 はじめ、みたとき、正直、シュール過ぎて、コワっと思いました。

 

 

 

ピンクのかわいいさくらもちさんなのに、貫録あるし、人間的。

 

 

 

設定は、どうやら、女の子のようです。

 

 

 

なぜか関西弁やし。

 

 

 

 作者の岡田さん自身も、大阪府生まれ。

 

 

 

子どもが絵本を読んで、ただ「楽しい」と思ったなら、それで十分。

 

 

 

楽しいものを多く目にする、体験する、というのはとても大切、と語られています。

 

 

 

 

おとなは、ついつい絵本の持つ、メッセージ性を探ろうとしますが、そんなのは不用なんですね。

 

 

 

 

好みが分かれる作風ではありますが、子どもが喜ぶなら、アリですね。

 

 

 

ちなみに、さくらもち、関東は、あんこがくるっと、おもちで、まかれているの?

 

 

 

関西では、さくらもちはつぶつぶ派だから、さこらこさんも、そのように書かれていまね。

 

 

 

 

中身の見開き:さくらもちのさくらこさん

(画像:ブロンズ新社 - さくらもちのさくらこさん

 

 

 


『さくらもちのさくらこさん 』読むのにかかる時間

 

4分くらい

 

 

 

 

 大人気の岡田さんの食べ物シリーズ。

ぼくらはうまいもんフライヤーズ

ぼくらはうまいもんフライヤーズ

 

 

 

 

はずかしがりやの バナナくん (PHPわたしのえほん)
 

 

 

うどんのうーやん

うどんのうーやん

 

 

 こちらが、一番有名かな。

ちくわのわーさん

ちくわのわーさん